お笑い囲碁将棋のバンド「kozies」の曲を聴いてみた

囲碁将棋のバンド「kozies」は音が悪くてもったいない

先日、お笑いで活躍中の囲碁将棋の文田大介ボーカルのロックバンド「kozies」の曲を聴いてみました。

youtubeで曲を聴いてみて思っていたより良かったので購入してみました。

まず1作目。アップテンポの「星と飛んで」から始まります。

なかなかいい曲だが音が悪い気がします。演奏もワンパターンですね。

もっとアレンジしたほうがいいと思いました。

肝心な囲碁将棋の文田大介のボーカルですが、思ってたより素晴らしかったですね。

声量があるためか迫力ある声になっています。やはり舞台で声出してるからでしょうか。

歌詞も少し青春の香りがしますね。

そして2曲目は「風が流れて」です。やっぱり曲はいいのに音が悪いですね。

自主製作で作成してるのでしょうか。少しもったいないですね。

この曲も歌詞は青春の香りしますね。青春がコンセプトなのでしょうか。

この曲はなんか人気ありそうですね。僕は好きです。

そして3曲目は「まっすぐに空を見てた」という曲。

バラードなんでしょうか。僕はロックはよくわかんないですが、静かでいい曲ですね。

ですがやっぱり音が悪い。うーん。

文田大介のボーカルもとても聴きやすいのですが、もったいない。

以上3曲を聴いてみましたが、ライヴに行ってみたくなりました。

結構真面目なバンドって印象ですね。囲碁将棋も桐畑順も見た目チャラそうですが、曲自体はあんまチャラくない印象です。

私は囲碁将棋をテレビで見てから好きになりましたが、バンドをやっていたことはつい最近知りました。

お笑いの囲碁将棋も好きですが「kozies」として活躍している囲碁将棋も悪くありません。

囲碁将棋の曲はkoziesの公式HPからダウンロードサイトで購入しましたが、沢山曲があるようなので、また感想は書きたいと思います。

【伝説!】幸運をもたらすレジスターの話

もともとはAさんのレジスター

ご商売を営まれているAさん。

おじいさんの代から続いている、そこそこの繁盛店と言うこともあり、従業員も増え若い子でも簡単にということでバーコード読み取り式のレジスターを東和レジスターさんと契約し導入。

お店も手狭なので、古いレジスターは処分と言うことになったのだが、入れ替えから3年未満の未だ新しいタイプ。

リサイクルショップや、中古販売店に聞くも、もうこのタイプは取り扱わないとの事。

仕方がないので、自宅に持ち帰り、大事に片づけておきました。

Bさんがレジスターを手にする

angel-1483356_640

それからしばらくたったある日、Aさんの友人Bさんが、定食屋さんを出すということで、そのレジを使わないかと言うことで、二つ返事で設置。

すると開店以来売り上げが物凄く上昇していくので、食券タイプに変更。

Bさんもまた、レジスターを手放すことに。

Cさんに渡る

次にこのレジスターは、そろそろお店をたたもうかと考えていた、ブティック経営のCさんに渡ることに。すると、右肩下がりの経営が、右肩上がりに上昇。

ここで顔見知りだった三人のオーナーが、このレジは何か持ってる?という噂が立つことに。

Dさんで実験!

medical-915038_640

そこでいざ実験と、同じお店仲間である、いつも暇だと嘆いていたお蕎麦屋Dさんでこのレジを実験導入。

結果を待ったところ、FMラジオに取り上げられ、大繁盛を期すことに。

幸運のレジスターの最後

art-993197_640

残念ながら、そのお蕎麦屋さんでレジスターの寿命は来てしまいましたが、招き猫ならぬ招きレジスターの不思議な体験をしたのです。