囲碁将棋

お笑い囲碁将棋のバンド「kozies」の曲を聴いてみた

囲碁将棋のバンド「kozies」は音が悪くてもったいない

先日、お笑いで活躍中の囲碁将棋の文田大介ボーカルのロックバンド「kozies」の曲を聴いてみました。

youtubeで曲を聴いてみて思っていたより良かったので購入してみました。

まず1作目。アップテンポの「星と飛んで」から始まります。

なかなかいい曲だが音が悪い気がします。演奏もワンパターンですね。

もっとアレンジしたほうがいいと思いました。

肝心な囲碁将棋の文田大介のボーカルですが、思ってたより素晴らしかったですね。

声量があるためか迫力ある声になっています。やはり舞台で声出してるからでしょうか。

歌詞も少し青春の香りがしますね。

そして2曲目は「風が流れて」です。やっぱり曲はいいのに音が悪いですね。

自主製作で作成してるのでしょうか。少しもったいないですね。

この曲も歌詞は青春の香りしますね。青春がコンセプトなのでしょうか。

この曲はなんか人気ありそうですね。僕は好きです。

そして3曲目は「まっすぐに空を見てた」という曲。

バラードなんでしょうか。僕はロックはよくわかんないですが、静かでいい曲ですね。

ですがやっぱり音が悪い。うーん。

文田大介のボーカルもとても聴きやすいのですが、もったいない。

以上3曲を聴いてみましたが、ライヴに行ってみたくなりました。

結構真面目なバンドって印象ですね。囲碁将棋も桐畑順も見た目チャラそうですが、曲自体はあんまチャラくない印象です。

私は囲碁将棋をテレビで見てから好きになりましたが、バンドをやっていたことはつい最近知りました。

お笑いの囲碁将棋も好きですが「kozies」として活躍している囲碁将棋も悪くありません。

囲碁将棋の曲はkoziesの公式HPからダウンロードサイトで購入しましたが、沢山曲があるようなので、また感想は書きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です