私のパチンコ入門&体験談

はじめまして!

今回はパチンコに関する記事を書きたいと思います。

僕自身はもともとゲームセンターのパチンコをお遊びでやる程度の人間でしたが、先輩に連れられてギャンブルとしてのパチンコをやるようになりましたね。

スロットも多少やったことがあるのですが、パチのほうが圧倒的に「負けるときは一瞬で終わる」ので虚しさがデカイと思います。

スロットは自分のタイミングでゲームを進められますが、パチは自動でどんどん玉が流れて行ってしまいますからね(苦笑)

確変前のアニメーション時などは手を止めてみていてもいいですが玉を打たないで座っているだけの時間が多いと店員に「こいつジャマだな」と思われることもしばしばです。

スロットは目押しなどの技術が必要ですが、こちらは何も必要ないので入りやすかったですね。

もし、打ち方がわからない方がいたらぱちんこ攻略.comを参考にしてください。
入店から景品交換まで丁寧に解説されています。

akb

好きだった機種は定番の海物語のほかにCRアントニオ猪木、AKBシリーズなどは飽きないのでずっと打っていました。パチをやる人に関しては、比較的負けた時素直に「負けた」という人が多い気がします。

パチスロ打ちの人は勝ったときは9万円ゲットしたぜーとか自慢して来ましたが、負けた時は教えてくれません。
なのでいつも買っているような感じでギャンブル自慢してきます(笑)

これだけ爆発的に店舗数が増えていけるのは、圧倒的に負ける人の方が多いから会社が潤うのだとは思いますが、それをわかっていながら通ってしまうのでドラッグのような常習性がありますよね。

気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です